会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター 会社設立の方法相談から設立代行まで、資本金の少ない方の起業に最適です
TEL:03-6452-9889
会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター会社設立に関する無料相談はこちらから
会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター 株式会社設立代行センター[HOME] >> 会社をつくるとどんなメリットがあるの?
会社設立をご検討中の方はお近くの会社設立代行センター各支部でまずは無料相談。

会社をつくるとどんなメリットがあるの?

1:信 用

会社は資本金や役員、会社の規模によって決算内容が、開示(ディスクロージャー)の対象になっているので、会社は社会的な信用が高いといえます。
一方、個人営業では、他人から見て財務体質や責任者などが不明確で、信用度は会社と比べると下がってしまいます。

2:事業の継続性

会社は解散などの事由が生じない限り存続することができます。個人営業では、当人が死んでしまえば事業はそこで終了となります。

3:責 任

会社の場合、負債などを抱えてしまった場合の責任は会社が負い、株主には出資額以上の責任は及びません。しかし個人営業の場合は全て本人の責任となります。

4:税 金

会社の場合、損益が通算できることと、売上に関係なく税率が一定ということでしょう。また、経費として計上できる範囲も広いです。個人営業の場合は損益通算にも制限があり、税率も売上に比例した累進課税になります。費用として計上できる範囲も狭くなります。

5:利 益

会社の場合、利益は全て会社のものとなり、会社の所有者である株主には一定の条件のもと、配当というかたちで分配されます。
利益が出た場合、会社は税金面で個人よりも有利です。

個人の場合の所得にかかる税金には、「所得税」「住民税」「事業税」の3つがあります。
会社にも「法人税」「法人住民税」「法人事業税」があります。

どちらも同じような税金を納めるわけなのですが、なぜ法人のほうが有利なのでしょうか?
まず、はじめに社長(あなたです。)が会社から給料をもらうことで、給与所得の控除が受けられるのです。個人営業の場合では、収入から必要経費を差し引いた額が所得となりますが、社長本人に給料を払ったり、それを必要経費として計上することはできないのです。

しかし、会社は利益の一部を給料として社長に支給することにより、経費として計上することができます。また、社長本人の所得税にも給与所得控除が受けられます。

節税テクニックを駆使して税金を安くできるのが法人化のメリットの1つとしてあげられます。

会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター会社設立に関する無料相談は今すぐこちらへ
会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター 会社設立の手順
 INDEX
新会社法で起業しやすくなる!
会社と個人営業って何が違うの?
会社をつくるとどんなメリットがあるの?
会社の設立手順 実際にやってみよう!
会社設立Q&A
会社設立についての無料相談はこちら
特定商取引に関する表示
設立後の売上増大・集客法
人材募集】
  行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 好評発売中 
1円会社設立に必要な書類一式を全収録!穴埋め方式で簡単に書類が作れる!1人でも簡単に書類が作れるスーパーキットCDです!
会社設立代行、会社設立方法の相談、株式会社設立代行センター
ご購入はこちらから
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 株式会社設立代行センター. All Rights Reserved
株式会社設立代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。